絵画造形クラスカリキュラム2020

画像はイメージです。
今回のカリキュラムに似ている過去の作品を掲載しています。
​似ている課題がない場合は、画像もないことがありますし、参考作品を作って載せることもあります。

9月

①食虫植物着彩

​食虫植物を描く予定です。アクリル絵の具を使います。

当絵画教室で使う絵の具の種類は、水彩絵の具、ポスターカラー(水彩)、アクリルガッシュが基本です(染料絵の具などを使うこともある)。

アクリルガッシュは乾くと耐水性になります。食虫植物の面白い形を観察して、アクリル絵の具でカラフルに表現してもらいます。

②コラージュで生き物を描こう

色や柄つきの紙、写真などをハサミで加工して、モコモコ、トゲトゲ、ゴツゴツした生き物の質感を表現します(植物でもよいです)

線で描く、絵の具で塗る、という普段の表現と違う新たな質感を出します。

絵の具も使います(ポスターカラーの予定)

 

③仕掛けカード

毎年何らかの形で仕掛けの制作をおこなっています。

仕掛けは様々なものがありますので、あらかじめ難易度の違う複数の仕掛け見本を用意しています。そこから好きなものを選んで作ります。

開くと動いたり、引っ張ると動く仕組みを作ります。

 

④ カラーサンドでミニジオラマ

砂を使ってカラフルな浜辺や公園、花壇などをつくります。

​(8月の色砂の残りを使ってもよいです!)

 

※①④アクリル絵の具、ボンド使用

10月

 

①ボトルデッサン

久しぶりのデッサン。

色のある立体物を白黒で表現します。

円筒のものを描く基本と、ガラス(透明のもの)のかっこいい描き方を知るチャンス!

②カラーフェルト版画

今年の版画は布に絵の具を染み込ませる方法に挑戦です。

版画は、版を作るという時間をかけた分、同じ絵を複数作ることができる技法です。毎年いろいろなタイプの版画を行ってきました。

③ ストリングアート

釘に糸を巻きつけて絵や模様を作ります。

木に着色して、とんかちで釘を打って、色付きの糸を巻きます。

 

④ハロウィンタペストリー(マントにもできます)

大きな布にお化けやお菓子を描いたり貼ったり!飾りもつけます。

※③④アクリル絵の具、ボンド使用

​11月

 

①アルチンボルト風人物画

​アルチンボルトの作品のように、自分が好きなものを敷き詰めて、顔のようにしていきます。

②パステル画

時々使う画材です。

利点としては、指でス~ッと伸ばして手早く端まで塗り伸ばすことができ、塗り残しが出にくいこと。画面上での色混ぜもできる。(塗った状態にもよりますが)消しゴムで消せること。ふんわりとしたグラデーションも簡単に出せること。

など、普段の絵の具とも違う感覚の描画が楽しめます。

顔料の粉を紙につけて描きます。なので定着しません。仕上げに定着スプレーを使います(が、それでも触ると取れます)

 

③こむぎねんどでクリスマスオーナメント制作

お料理する感覚で、食べてもよい材料で(美味しくないので食べないで)クッキーを作ります!その場でトースターで焼く予定です。

焼いたクッキーにキラキラソースやチョコソースで飾りつける予定です。

④オリジナルキャラクター作りと食品パッケージ制作

(持ってくるもの:作りたいパッケージ→牛乳パック、ペットボトル、お菓子の空き箱など)

いつも、自分の興味のある動植物を描いてきました。(恐竜、虫なども)

今回は自分でキャラクター化しよう!&身近なお菓子や飲み物のパッケージについて学びまねっこします。

12月

①アンディウォーホルの版画模写(色彩構成)

②冬をテーマに水彩画

③木端で創作

​④しめ縄工作

1月

①色紙(しきし)水墨画

②四つ切水墨画

③​④ふわふわクッション制作

2月

①②窓を開けますよ

③​④段ボール制作

年長

3月

主に展覧会出展作品の仕上げ月です。

仕上がっている生徒向けカリキュラム

植物水彩画

本物を見て観察して表現することで描写力を高めます。

いつもは、好きなものを描きましょう!好きなものがいつでも目の前にいることはありませんので(動物とか特に)、資料を見て描くことが多いです。資料は写真です。二次元のものを見て描くのは描きやすいです。

三次元にあるものを描くのは要素が増え、描くときに考えることも増えます。

色の見え方も十人十色であってほしい。

②アクリル画

③④共同立体制作​